組紐•組物学会行事予定

Home

組紐検定

シンポジウム

作品・製品展示会


組紐・組物学会ニュースレター

国際会議


組紐・組物学会事務局

京都工芸繊維大学大学院 
先端ファイブロ科学専攻
大谷研究室内
〒606-8585
京都市左京区松ヶ崎御所海道町
Tel/Fax: (075)724-7905 
E-mail: inoda@kit.ac.jp
http://www.kumihimo-society.org
ご入会、ワークショップ、組紐検定のお申し込みはこちらにお願いします。

申込みフォーム

 

ワークショップ(2022-2023)

第2回オンライン・ワークショップ「ゆるぎと奥ゆるぎ」
開催日:2022611日(土)1300から 
方法:パソコン、タブレット、スマートフォンの画面上で「Zoom」を使用して行います。 
メールアドレス(ガラ携以外)は必須です。 参加のための設定情報は前回ご参加頂いた方にメールでお送りしています。ご参加いただけない場合も録画編集したYouTubeURLをお送り致します。もし今度は参加したいという方がいらっしゃれば、どうぞお誘いください。 
 
内容:「ゆるぎと奥ゆるぎ」
その場で組んでみたい方に、ご用意いただくもの
「ゆるぎ16玉」・ディスクの場合、毛糸 1m(2色4本ずつ)丸台の場合、2色8玉ずつ、をご用意ください。
「奥ゆるぎ 24玉」・ディスクの場合、毛糸 1m(3色4本ずつ)丸台の場合、3色8玉ずつ、をご用意ください。
レシピは、ワークショップ終了後、メールにて送信させていただきます。
講師:小嶋博子氏
 
特別オンライン・ワークショップ「3D貝殻繋ぎ」「平ねじり組」報告(多田牧子)
会員の方はワークショップのZoom録画のURLをご請求ください。
 
第1回オンライン・ワークショップ「変わり鎖つなぎ」「ZS合わせ金剛組」報告(多田牧子)

今回は、木村章子先生が新しい組紐のお話をしてくださいました。ワークショップは「変わり鎖つなぎ」と「ZS合わせ金剛組」の2種を、組紐ディスクで組む方法を教えてくださいました。もちろん丸台でも組むことができます。それぞれの組み方で手順を2回3回と組み合わせて新しい表情の組紐ができることがわかり、皆様楽しまれたと思います。さらに新しい組紐が創作されるのが楽しみです。どうぞ作品写真をご投稿ください。
その後、木村先生が京都工芸繊維大学博士課程での研究「初心者を対象とした組紐ディスクを用いた組紐作製に関する研究」より「初心者が作製した紐の出来映え評価」について発表していただきました。
そして、吉田有夫子先生のご解説で2月の作品鑑賞をいたしました。「4+4組」を楽しまれて作られたネックレスやさらに工夫された新しい組み方のサンプルなど、参加者からの素敵な作品が紹介されました。
会員の皆様はYouTube でワークショップの様子と一緒にご覧いただけます。会員の方はURLをご請求ください。 
 

第1回オンライン・ワークショップ(終了しました)

開催日:202249日(土)1300から 
方法:パソコン、タブレット、スマートフォンの画面上で「Zoom」を使用して行います。 
メールアドレス(ガラ携以外)は必須です。 参加のための設定情報は前回ご参加頂いた方にメールでお送りしています。ご参加いただけない場合も録画編集したYouTubeURLをお送り致します。もし今度は参加したいという方がいらっしゃれば、どうぞお誘いください。 
 
内容:「8玉 変り鎖つなぎ組」「16玉 ZS合わせ金剛組」
その場で組んでみたい方に、ご用意いただくもの
・ディスク 毛糸 1m(二色二本ずつ)
・ディスクを二枚お持ちの方は、毛糸1m(2色4本ずつ)をご用意ください。
レシピは、ワークショップ終了後、メールにて送信させていただきます。
講師:木村章子氏

    終了分