組紐•組物学会行事

組紐検定

ワークショップ

シンポジウム

作品・製品展示会


組紐・組物学会ニュースレター

国際会議


組紐・組物学会事務局

京都工芸繊維大学大学院 
先端ファイブロ科学専攻
大谷研究室内
〒606-8585
京都市左京区松ヶ崎御所海道町
Tel/Fax: (075)724-7905 
E-mail: miyakoinoda1@gmail.com

ご入会、ワークショップ、組紐検定のお申し込みはこちらにお願いします。

申込みフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日

 

場所

 

内容
2023.5.28 作品展示会 第7回作品展示会「日本とアメリカの組紐展」のお知らせ
2023.5.28 ワークショップ オンライン・ワークショップ報告1
2023.5.28 トップページ 第12回総会報告
2023.4.28 ニュースレター ニュースレター17号がダウンロード出来ます
2023.1.23 ワークショップ 第5回オンライン・ワークショップのお知らせ
2022.12.20 ワークショップ オンライン・ワークショップ報告4
2022.11.23 ワークショップ 第4回オンライン・ワークショップのお知らせ
2022.11.22 ワークショップ オンライン・ワークショップ報告3
2022.9.20 組紐検定 2022年度1・2級試験予定
2022.9.3 ワークショップ 第3回オンライン・ワークショップのお知らせ
2022.7.28 ワークショップ オンライン・ワークショップ報告2
2022.6.6 ワークショップ 第2回オンライン・ワークショップのお知らせ
2022.5.19 トップページ 第11回総会報告
2022.4.10 ワークショップ オンライン・ワークショップ報告1
2022.4.5 ワークショップ 第1回オンライン・ワークショップのお知らせ
2022.2.19 ワークショップ オンライン・ワークショップ報告6
2021.12.14 ワークショップ オンライン・ワークショップ報告5
2021.12.5 ワークショップ 第5回オンライン・ワークショップのお知らせ

第12回総会報告

2023年度の総会は、出席者46名、委任状59名で現会員数の82%により、2023年5月13日にオンラインで開催されました。2022年度に行ったオンラインワークショップや組紐・組物検定などの行事報告および会計報告、2023年度のワークショップや組紐・組物検定、作品展示会などの行事予定と予算案などが示され、全て出席者によって承認されました。また新理事の推薦および承認が総会前の理事会(12:30より)で行われ、これを13:15から開催の総会に諮ったところ、承認されました。選出され他新理事は丸山文乃理事と吉田有夫子理事です。 総会後のオンラインワークショップでは「江戸瀬」と「ZigZag八つ瀬」の実技講習を行いました(講師:多田牧子、写真は本Webサイトのワークショップの頁を参照)。会員の皆様はYouTube で会長挨拶とワークショップの様子をご覧いただけます。会員の方はURLをご請求ください。

ごあいさつ

我が国には、縄文時代に始まる世界に誇れる組紐・組物の伝統文化があります。また、組紐・組物は伝統文化であるのみならず、その技術が高性能繊維強化複合材料に活かされるなど、最先端の技術と結びついて新たな発展を遂げ、工業分野でも大きな役割を担っております。
 京都工芸繊維大学では、2005年4月、伝統みらい研究センターが教育研究プロジェクトの一つとして設立されました。その目的は「伝統に内在された知恵を使って新たなものづくりを創成し、日本のみらいを切り拓く」ということであります。その活動は2005年10月に開催した組紐展「日本とアンデスの組紐展」に端を発し、その中で行ったワークショップが好評を博し以来現在までの16年間、年6回の組紐1日ワークショップを続けてきました。一方、日本の組紐のすばらしさは世界各国にも浸透し、英語圏を中心に作家、研究者が増え国際会議の気運も高まり、2007年11月には第一回の組紐国際会議を日本で開催するまでになりました。
 組紐は力学的な合理性に優れた構造を持っていることから複合材料の補強材としても注目を集めています。そこで組紐の多様な構造の研究も不可欠となってきました。すなわち、組紐を伝統技術の習得・伝承に留めることなく、広く歴史的・文化的・芸術的な、さらには工学的な側面にも着目し、理論的な枠組みで捉える必要がでてきました。
 組紐・組物学会はこれらの状況の上に立ち、組紐・組物学の確立と発展に寄与し、組紐・組物の普及と地位向上を目的に設立されました。本会は、会員の研究発表、知識の交換ならびに会員相互間および内外関連学協会との連絡・提携の場となり、組紐・組物に関連ある学理とその応用と進歩普及をはかり、もって、学術・文化の発展に寄与することを目指しています。

会長 仲井朝美

入会案内

組紐・組物学会へ入会を希望される方は、必要事項(日付、氏名、ふりがな、生年月日、性別、連絡先の住所・電話番号、電子メール、会費支払い方法、ニュースレターの郵送を希望するかどうか)をご記入の上、学会事務局宛ての電子メール、ファックスまたは学会ホームページからお申込み下さい。
 年会費は正会員4000円、学生会員1500円、法人会員30000円で、入会金は不要です。送金には銀行振込みまたは現金書留をご利用下さい。講演会・講習会等にご参加の際に、受付で入会申込みと同時にお支払い頂いても結構です。
 正会員には紹介会員を必要としません。学生会員はできるだけ在学先教員をご紹介会員として下さい。

振込先:みずほ銀行 出町支店
口 座:普通 No.1146170
名 義:組紐・組物学会